福岡発〜もっともっと身近に韓国

アクセスカウンタ

zoom RSS 8月15日に思う

<<   作成日時 : 2010/08/16 00:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

8月15日…日本では、終戦記念日ですが、お隣の韓国では、日本の植民地支配から解放されたことを意味する光復節。

そして、その発端は今から100年前の日韓併合。

ということで、韓国メディアでは日韓併合100年を記念したさまざまな企画がされています。

どれも過去の誤った歴史を振り返り、日韓の未来を考えようというテーマで、実は尹東柱の詩を読む会にも取材がいくつか来ました。

あるテレビ局からは、「植民地支配にについてどう思うか」と、まるで謝罪の言葉を引き出すかのような質問をされて、ショックを受けましたが、逆にそのおかげで、いつも以上に日韓の歴史について考えることができました。

朝鮮語の禁止、創氏改名、治安維持法…そういった暗欝な日本の植民地時代の中で書かれた彼の詩を読む作業は、歴史的な痛みを感じるものでもあります。

それは歴史の痛みは忘れるなよと、言われているのかもしれません。

が、そのような苦難の中でも、誠実に生きた彼の清らかな姿にふれることができる、なんともぜいたくな時間を過ごしています。

尹東柱の詩は平和のメッセージ…昔、韓国の先生が言われた言葉がやっと今になって理解できるようになったかなぁと思う今日このごろです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
8月15日に思う  福岡発〜もっともっと身近に韓国/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる