福岡発〜もっともっと身近に韓国

アクセスカウンタ

zoom RSS 99歳の詩人・柴田トヨさんの詩が教えてくれること

<<   作成日時 : 2011/04/15 21:55   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

90歳で詩を書き始め、100歳を目前に初めての詩集を出した柴田トヨさんの詩集「くじけないで」を読んでいます。
(実は、雰囲気が尹東柱に似ているんですよね〜)

すごく平易な言葉で書かれた短い詩だけど、いろんなことを気づかせてくれたり、教えてくれます。

思ったこと、感じたことをありのままに表現することの大切さ
見たこと、聞いたこと、感じたこと、遠い昔の思い出も、すべて自分の糧になるということ
周囲を見渡してみる心のゆとりも必要だということ
夢や恋心を持ち続ける純粋な心
ユーモア

…明治、大正、昭和、平成と4つの時代を生き、大変な苦労をしてきたこともあったでしょうに、「今を精一杯生きていますよ」「毎日を感謝していますよ」というトヨさんの声が聞こえてきます。

韓国でも翻訳され、ベストセラーになっていて、自分の母や祖母のように感じている人も少なくありません。

「自然な日常、何でもない毎日の大切さ。遠い昔の記憶がよみがえり、今の日常をもっと感謝しながら生きていこうと思いました」
「何かを始めるのに歳なんか関係ない。生きる勇気をもらいました」
「歳をとっても、決して老いやさびしさにくじけず、しっかりと踏ん張って毎日を新鮮に生きている姿が格好よく素晴らしい。トヨさんは私のお手本です」

こんな感想が韓国の出版社に寄せられているそうです。

やっぱり、感じる世界は日韓共通なのです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
99歳の詩人・柴田トヨさんの詩が教えてくれること 福岡発〜もっともっと身近に韓国/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる